NBV3の特徴

・5V単一電源動作
・ACアダプタ(2.1mm標準DCセンタープラス)による5V入力
・最大でPSGx1とOPMx2までのフル環境まで再現可能(OPM単体やPSG単体でも利用可能)
・ミックスバランス調整機能
・メインボリューム搭載
・3.3V〜5V動作マイコンからの4線シリアル制御
・5V動作マイコンとのパラレル接続インターフェース
・約10cm x 10cmの小型サイズ

当作品は同人ハードウェアライセンス Ver 1.01が適用されています。
ご使用の際にはライセンスにご同意される必要があります。


マイコンと接続して動作するFM音源基板です。
Raspberry Piなどの3.3V動作マイコンなど、
制御基板と組み合わせることで音を出力できます。(単体では動作しません)

単純な回路になっていますので音質は良くも悪くも電源により変化し、あまり良くはありませんが、
その分、各種マイコンとの親和性は高いので、FM音源を鳴らしてみたいという欲求を叶えてくれるかもしれません。
2.54mmピッチの部品のみを使用しているので、作りやすくなっています。

制御

制御には同一サイズでスペーサーを利用することで重ねることができる NBCTRLV1 を使う方法、
Raspberry Pi用のコードを使う方法、
http://clogging.web.fc2.com/nbv2/

NBCTRLV1のコードをmbed環境向けに微調整して使う方法があります。
http://mbed.org/users/bkc_mbed/code/nlgplay/

リソース

PDF:nbv3_doc.pdf

NBV3低ノイズ化改造方法

制御基板:NBCTRLV1

更新

2014-10-02更新
リンクの追加と微調整。

BouKiCHi
inserted by FC2 system